神戸新聞・辻本編集委員推薦「黒松剣菱」+ウェビナー参加権

神戸新聞・辻本編集委員推薦「黒松剣菱」+ウェビナー参加権
辻本一好さんが和牛に合う日本酒としておすすめ 「黒松剣菱」剣菱酒造 口に含んだ瞬間に濃厚な香りがふくらむ、 米の豊潤な味わいを引き出した逸品。 存在感のある旨みは酸味や辛みと相まり、 口のなかで幾重にも広がる いっそうまろやかなコクへと昇華。 鮮やかなキレが、 上品で心地よい余韻を残します。 【内容量】900ml瓶 ウェビナー参加用URLは後日、ご登録いただいたメールに送付いたします。
ご提供予定時期:3/1までの注文でウェビナー当日までの発送
¥3,500 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 500年かけて築いた伝統の酒造り

  • 剣菱酒造(神戸市東灘区)
     創業は戦国時代の永正二年(1505)。北播磨などの特A産山田錦と愛山を使い、木の道具などを重視した伝統的な酒造りを続ける。10月になると全国から約80人の蔵人が集まり、泊まり込みながら半年酒造りに励む。できた酒は最低でもひと夏は常温貯蔵。多くの酒を数年熟成させてから出荷する。

このプロジェクトの他の商品

私は、このアテにこの酒で。第5回 山田錦の未来を支えるウェビナー

今回のテーマは日本酒のまさしく得意分野「食とのとりあわせ」。 日本酒とチーズの専門家で「香醸」代表の山田香淑さん、アナウンサーで利き酒師の野村朋未さん、「薫画伯」と親しまれるボールペン画家橋本薫さん、連載「兵庫に乾杯」の辻本一好神戸新聞編集委員が、好きなお酒とおすすめのアテをご紹介します。コロナ危機でピンチの酒米「山田錦」の作付けを自宅などで飲んで応援するウェビナーを神戸新聞社(協力:エルデベルグ平井)が、「エールファンド」を活用して、3月12日19時から開講します。