東北の学校に被災者勇気づける証言集を寄贈したい!
「阪神・淡路」支援NPOが協力呼びかけ

このプロジェクトは2021/03/31に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディングプロジェクト:東北の学校に被災者勇気づける証言集を寄贈したい!「阪神・淡路」支援NPOが協力呼びかけ
  • stars集まっている金額
    ¥233,000
    (目標 ¥1,000,000)
  • flag目標達成率
    23%
  • local_offer購入数
    25
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
 阪神・淡路大震災の直後から、被災者の見守り活動を続けてきた私たち「よろず相談室」は、四半世紀にわたる活動の集大成として、この度、18世帯26人のあゆみをまとめた証言集を出版しました。阪神・淡路大震災の教訓が、東北の被災地の学校教育や地域の防災学習の場で活用され、その一助になって欲しいと願っています。集まった金額に応じて、東北各県の教育委員会に宛てて本を贈ります。
    • 証言集タイトルは「希望を握りしめて」

    •  タイトルは「希望を握りしめて」。被災した人は皆、今も持つ願いだと思っています。

       阪神・淡路大震災以降、東日本大震災、熊本大地震、西日本豪雨など、全国で大災害が発生しました。被災した、特に高齢者は、元の生活を取り戻すことはほぼ出来ません。子どもを持つ若い家族も、元の生活を取り戻すために多くの時間と努力を必要とします。

       震災で障害者となった人たちは、一生その障害を抱えて生きることになります。しかし、震災障害者の存在は殆ど知られていません。「生きているだけまし」と思われているからです。この様な人々が生き抜く姿をまとめたのが本書です。
    • 神戸新聞NEXT「阪神・淡路」被災者勇気づける証言集 NPOが25年の歩み一冊に
    • 話を聞くことで、被災者の直面する課題と向き合ってきた「よろず相談室」

    • まず、証言集の第1章では、私たち「よろず相談室」のこれまでのあゆみをまとめています。
       「よろず相談室」は、1995年の阪神淡路大震災から9日目、避難所となった神戸市内の小学校で始まりました。避難者から避難生活上の不安や悩みについて相談を受けるほか、有益な情報(義援金の受取り方、感染症予防など)を集めた手づくりの「よろず新聞」を毎晩配布し、読み聞かせる活動に取り組みました。
    • 相次いだ高齢者の「孤独死」や「自殺」

    •  95年9月に避難所は解消しましたが、翌年3月、従来のコミュニティから分断されてしまった高齢者たちの「孤独死」や「自殺」が相次いだことを受けて、仮設住宅や復興住宅へ入居する一人暮らしの高齢者を継続的に訪問する活動を始めました。
    • (写真説明=仮設住宅で生活する被災者と牧<下段右>)
    • 災害の盲点「震災障害者」の支援

    •  2007年からは、震災によって障害者となった人達の支援に取り組みました。平常時に障害を負うのと異なり、震災の場合には、障害だけでなく、生活基盤や周りの支えを失うという多重の負担を強いられます。
       よろず相談室では、本人やその家族が気軽に語り合う「震災障害者の集い」を月に1度開催するほか、厚生労働省へ震災障害者に対する支援の拡充を求めて、当事者とともに要望書を提出するなど働きかけをしてきました。
    • (写真説明=「震災障害者の集い」は当事者たちが悩みを共有できるひとときである。)
    • 東日本大震災や全国の被災地へ阪神の経験を届けたい

    •  東日本大震災発災後、東北の被災地にも阪神の経験が生かせることはないかと考え、現地の避難所や仮設住宅へ70回以上訪問しました。全国から募った手紙を被災地の人たちに届け、現地の行政へ支援策の提案などもしてきました。 

       東日本大震災など全国の被災地への訪問活動を通じて、「発災から25年を生きてきた阪神・淡路大震災の被災者たちの人生は、全国の被災者たちの今後のケアや支援に役立てることがある」と考えるようになりました。
    • (写真説明=何度も訪問している福島県の復興住宅のみなさんと牧<下段中央>)
    • (写真説明=2014年8月の広島土砂災害で夫を亡くし、左足を失った女性を訪問した牧<中央>)
    • (写真説明=2016年4月の熊本地震でアパートの下敷きになり右足のひざから下を失った大学生を訪問した牧<右>)
    • 25年を生きた阪神の人々のありのままの声

    •  本書第2章では、阪神の被災者18世帯26人の証言をできる限りありのままに、再現しました。
       ある人は、生き埋めになった時の状況を詳細に語り、ある人は、夫がアルコール依存症になってしまったことを赤裸々に語り、ある人は、娘が障害者となり、同じ境遇の人と出会うまでの苦しみを語りました。
       震災から20年という月日を経た被災者の方々の声は、発災直後の悲しみや喪失感に満ちたものではありませんでした。いつもの世間話のようなやり取りの中で、自分の人生を見つめるように、時に深刻すぎると思える話も、淡々と語ってくれました。

       一方で、絶望を生き抜いてきた人のたくましい一面や、今後もこの悲しみは続いていくという厳しい運命を受け止めた覚悟のようなものも、収録できたように思います。
    •  災害は、毎年日本のどこかで発災し、同じ運命を背負わされる人が数多くいます。進む街の復興を傍目に、「心の復興」とは何なのか、いつも考えます。少なくても、新しい建物ができることではないはずです。

       証言集「希望を握りしめて」には、「絶望」から25年を生き抜いてきた、市井の人々のたくましさが刻まれています。
    •  東日本大震災から今年で10年。阪神淡路大震災から今年で26年になります。当時の衝動は確実に風化してゆき、それはごく当たり前のことです。
       私たちが後世に残したいのは悲しみではありません。阪神・淡路大震災の教訓が、被災地の学校教育や地域の防災学習の場で活用され、その一助になって欲しいと願ってやみません。
    • 支援額に応じ、東北各県の学校に本を寄贈します

    • 集まった金額に応じて、東北各県の教育委員会に当てて本を贈ります。
      (各県公立の高校の数は約50~80校、中学校の数は約150~230校)
      本書に付属する被災者たちの証言映像を収めたDVDは約50分間に構成されており、学校の授業や地域の防災学習などでも広くご活用いただけます。
    • 編 者 牧秀一
      発行者 堀江昌史
      発行所 能美舎
      本体価格(税込)2750円
    • ■プロジェクトにかかる経費
      ・本体価格(税込)2750円
      ・支援者への返礼品送料1冊520円(レターパックプラス)
      ・東北の学校へは、終了後結果に合わせて各地へ宅配便で発送します。
       送料は、宅配便の運賃に準じます。
      ・お礼状やチラシなど印刷費、梱包資材購入費
      ・クラウドファンディング手数料20%
    • 返礼品

    • ◆5,000円
      お礼状+被災地の学校へ1冊寄贈

      ◆10,000円
      お礼状と1冊+被災地の学校へ1冊寄贈

      ◆13,000円
      お礼状と1冊+被災地の学校へ2冊寄贈

      ◆16,000円
      お礼状と1冊+被災地の学校へ3冊寄贈

      ◆20,000円
      お礼状と1冊+被災地の学校へ4冊寄贈

      ◆30,000円
      お礼状と1冊+被災地の学校へ8冊寄贈

      ◆50,000円
      被災地の学校へ5冊寄贈+牧秀一が講演に伺います。
      ※交通費など諸経費は、別途相談させていただきます。
    • その他、直接のご寄付も受け付けています。

      〈ゆうちょ銀行〉

      口座番号 01170-9-87984
      名義 NPO法人 阪神淡路大震災よろず相談室
      通信欄 「証言集向け」と明記ください
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

NPO法人「よろず相談室」

NPO法人「よろず相談室」

NPO法人よろず相談室は、1995年に起きた阪神淡路大震災直後の9日目から、避難所で避難者に有益な情報を届ける「よろず新聞」の発行を始めました。その後、復興住宅に住む高齢者の訪問や震災障害者の集いを柱として活動を続けています。
商品
お礼状+被災地の学校へ1冊寄贈
¥5,000 (税込)
残り 86
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
お礼状と1冊+被災地の学校へ1冊寄贈
¥10,000 (税込/送料込)
残り 92
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
お礼状と1冊+被災地の学校へ2冊寄贈
¥13,000 (税込/送料込)
残り 49
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
お礼状と1冊+被災地の学校へ3冊寄贈
¥16,000 (税込/送料込)
残り 50
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
お礼状と1冊+被災地の学校へ4冊寄贈
¥20,000 (税込/送料込)
残り 49
詳細を見る
ご提供予定時期: 受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
お礼状と1冊+被災地の学校へ8冊寄贈
¥30,000 (税込/送料込)
残り 50
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
被災地の学校へ5冊寄贈+牧秀一が講演に伺います。
¥50,000 (税込)
残り 4
詳細を見る
ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • お礼状+被災地の学校へ1冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥5,000
    • 残り
      86
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • お礼状と1冊+被災地の学校へ1冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥10,000
    • 残り
      92
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • お礼状と1冊+被災地の学校へ2冊寄贈被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥13,000
    • 残り
      49
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • お礼状と1冊+被災地の学校へ3冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥16,000
    • 残り
      50
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • お礼状と1冊+被災地の学校へ4冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥20,000
    • 残り
      49
    ご提供予定時期: 受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • お礼状と1冊+被災地の学校へ8冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥30,000
    • 残り
      50
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後
  • 被災地の学校へ5冊寄贈(被災地へはプロジェクトが終了次第、結果に合わせてお届け予定です)+牧秀一が講演に伺います。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥50,000
    • 残り
      4
    ご提供予定時期:受付次第順次発送。学校へは プロジェクト終了後

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社神戸新聞社

    所在地
    兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目5番7号

    連絡先
    電話:078-362-7014
    メール:keiei-kikaku@kobe-np.co.jp

    販売責任者
    小野 秀明

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。