毎月新たなダンサーの公演が観られる!
ダンスのレギュラー公演プロジェクト“踊場 cue”

このプロジェクトは2023/01/31に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
  • stars集まっている金額
    ¥65,000
    (目標 ¥500,000)
  • flag目標達成率
    13%
  • local_offer購入数
    9
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
2023年1月、大阪住之江のGRAFFY HALL(株式会社Next Estate)にて、ダンスのレギュラー公演プロジェクト“踊場cue”がスタートします。初年度は各ダンスシーンで注目を集めるダンサーたちが公演を決定。ダンサーへの報酬を劇場が確約する報酬型公演システムを導入することで、ダンサーの負担を減らしダンスの“舞台公演文化の創出”を目指します。
    • 毎月新たなダンサーの公演が観られる! ダンスのレギュラー公演プロジェクト“踊場cue”

    • 2023年1月、大阪住之江のGRAFFY HALL(株式会社Next Estate)にて、ダンスのレギュラー公演プロジェクト“踊場cue”がスタートします。

      初年度は各ダンスシーンで注目を集めるダンサーたちが公演を決定。
      ダンサーへの報酬を劇場が確約する報酬型公演システムを導入することで、ダンサーの負担を減らしダンスの“舞台公演文化の創出”を目指します。
    • “踊場cue”の特徴

    • 1. 同一会場で、年間を通じたダンスのレギュラー公演を楽しめる。

    • これまで多くのダンス公演は“ダンサーがダンサーを”観に行く場所でした。
      本プロジェクトでは、大阪市住之江区にあるGRAFFY HALLにて毎月2回公演を開催することにより、誰もが気軽にダンス公演を観に行ける場所を目指します。映画館に映画を、ライブハウスに音楽を楽しみに行くように、ダンスをする人もしない人も、ダンスを観に行く文化を創り出すことが目標です。
    • 2. 報酬型公演システムで、ダンサーの公演費用負担を軽減。

    • ダンサーが自主公演をするときの大きな課題は「収支」です。
      自主公演を行なっても収支が大きく黒字化せず、メンバー全体での継続的な活動が困難な現状を耳にしてきました。本プロジェクトでは、踊場cueがダンサーの報酬を確約する「報酬型公演システム」を導入。更に、観客動員数が目標より多ければ報酬が上乗せされます。まずは金銭的な心配ごとを減らすことで、公演制作に集中してもらう環境を作ります。
    • 3. 踊場cue独自の制作プロジェクトチームを結成。ダンサーを各部門で全サポート。

    • 報酬型公演システムを導入するにあたり、欠かせない存在が舞台制作プロジェクトチームの存在です。同一会場かつ定期的に実施することを条件に、舞台監督・照明・音響・デザイン・動画制作・プロモーションを費用を抑えて特別パッケージ化。パッケージ内であれば、ダンサーからの費用の支払いはありません。
    • 何故このプロジェクトを企画したのか?

    • 初めまして。発起人の野村昇平(PUNCHしょーへー)です!

    • 今回のプロジェクトは発起人である、私、野村昇平(※1,PUNCHしょーへー)がストリートダンサーとしてチームを組み、仲間と「ダンサーがダンスを魅せることで、食べていけるといいよね」と夢を語りあったことから始まります。

      ダンスとの出会いは、地元名古屋にて、中学2年生の頃テレビで見たブレイクダンスに衝撃を受け、独学でストリートダンスを初めました。
      そこからダンスの沼にハマり、高校ではダンス同好会を作り、
      (今はその高校ではダンス部となり、全国大会に出場するまでになってます!)
      もっと本格的なダンスを求め、進学はダンスがしたい!という思いだけで関西の大学を志望しました。

      大学時代ではより拍車がかかり、1日中ダンスばかりの生活。
      大学のダンスサークルの部長なんかもしながら、全国の様々なダンスの大会やイベントに参加。本当に充実した毎日でした。


      ※1 PUNCHはパンチと読みます。ダンサーネームです。
      昔よくイベントで「誰かに似てるよね?」と言われ、「パンチ佐藤です」というくだりを続けており、ダンサーとして認知も高めるために自分で勝手に名乗り始めました。
    • ダンサーになるか。社会人になるか。

    • そして無事に大学は1年留年、楽しかった大学生活も終わりを迎えるタイミング、就職活動のタイミングで、初めて色々と感じ、考えました。

      「このままダンサーで、"ダンス"で食べていけるのか?」

      その当時、本気でダンサーになるか、社会人として働くかを考えました。

      が、その答えは”NO”でした。

      ダンスの影響は右肩上がりで影響を増していました。
      SNSやYoutubeの認知拡大。K-POPの子ども達への影響等。
      全国で大きな大会もどんどん増え、海外との交流なども盛んにおこなわれるようになっていました。

      但し、一方でストリートダンサーの中で「レジェンド・大御所」「プロ」と呼ばれるような、本当に世界中からも注目され、日本の宝であるダンサーの方々であっても、ダンスのみで生活する事は生半可なものではなく、その当時から今に至るまで「ダンサー」という職業は「ダンスインストラクター」と同義、という側面が強かったのです。

      そんな状況を踏まえ、僕はダンサーではなく、社会人となる、という選択をしました。
    • 社会人しながらダンサー時代。充実するも…

    • 当時チーム「LOCKaJIVESET」OSAKA DANCE DELIGHT優勝時
    • そこから私は某地方銀行に就職しました。
      ダンスの方は頻度はかなり落ちましたが、そのまま続けておりました。

      社会人が慣れてきた3年目くらいの頃、同世代のメンバーとチームを組み
      日本最高峰のストリートダンスコンテスト”JAPAN DANCE DELGHT”に挑戦を始めました。

      この時は充実もしていたと同時に、とても疲弊をしていました。
      私だけが社会人という事もあり、練習は夜中。
      ピークの時は毎週平日2回は夜中にスタジオを借りて練習をしていました。
      会社終わる⇒仮眠⇒12時から練習⇒仮眠⇒出社

      ただ、その成果も結果としては返ってきまして、様々な大会で結果を残す事となります。

      ただ、その結果を元にダンサーとしてダンスだけで食べれるだけの土壌や環境が広がったか?
      といえば、これも難しい環境でした。

      勿論、努力不足やもっとやり方取組方は僕ら自身が変えなければならなかったと思うのですが、
      それでも本当に昔自分が就活の頃思っていた時の状況と変わらず、”難しい環境”だったのです。

      僕自身は社会人ではあったので、お金や将来の心配は正直なかったです。
      が、逆に言えば傍で一緒にやっているメンバーや仲間、先輩や後輩を間近で見ているととても何とも言えないもやもやは広がっていきました。

      このままでいいのか。
    • 将来の夢を語る、そして

    • 丁度年齢は28歳頃。この辺りから将来の事を考えるようになりました。
      このまま銀行員×ダンサーとして悠々自適に過ごすか。

      色々と自問自答して考えた結果、
      やはり将来どこかで"ダンサー"達に携わっていく仕事がしていきたいという思いが強くなっていきました。自分自身がダンサーとしてのキャリアを進むというよりも、この環境に何か一石投じたい、という思いが強くなりました。

      そんな思いを持っている際、ひょんな出会いから今回の会場がある商業施設”※2.オスカードリーム”という場所を所有している会社さまとご縁を頂き、そこのホールを使ってダンスの事をやってみたらどうだ?というお声を頂きました。

      色々と悩みはしましたが、
      「こんなチャンスは人生2度は無い!」「ホールを持っているダンサーなんて日本にはいない!(多分)」という事で、転職を決め、
      30代にして「ダンサーの、ダンサーによる、ダンサーの為のホール運営」がスタートしました。


      ※2. オスカードリームとは大阪二重行政による負の遺産と呼ばれる所謂「箱物行政」象徴の一つ。現在は民間会社に運営が変わる。過去のイメージ払しょく、寂れた施設をダンスで活性化、というストーリー踏まえて、オスカードリーム自体も盛り上げていきたい。
    • 今回のチャレンジ

    • ダンサー、じゃない人にダンスの舞台を見てもらいたい!

    • 今回チャレンジの最大のテーマは
      ・ダンサーじゃない人にダンスを見てもらう。
      という部分です。

      今までもダンスの舞台公演は各団体が少しづつ行っていましたが、お客さん=ダンサーという構図が基本であり、団体の収益化、継続化が難しいのが現状です。
      これはダンスだけでなく、アートや劇、音楽等含めた共通の課題であり、最大の課題だと思っています。

      一方で、ダンスは義務教育課程に取入れがされており、SNSやKPOPのダンスも非常に人気です。またパリオリンピック2024ではブレイキン(ブレイクダンス)が正式種目化されたりと、公私含めブームとなりつつあります。
      また、私を含めた30代が父親母親世代となり、子どもの習い事や自分自身も昔はダンスをやっていた等、ダンスのイメージも昔の不良のやるものというイメージと比べて圧倒的に良いイメージに代わってきております。

      そんなタイミングだからこそ、日本で新たに「ダンスを観る、ダンスを魅せる」という文化にこのプロジェクトで新たにチャレンジしたいと思っています。

      このチャレンジはオールイン型です。
      目標に達しなくてもプロジェクトは実施を致します。

      クラウドファンディングという手段を選んだ理由は、是非不特定多数の”ダンサーではない方々”にこのプロジェクトの存在を知って頂き、興味をもって頂きたかったからです。

      お客さんの大半はやはりダンサーのファンや生徒さんになると思います。
      そうでなければプロジェクトは簡単には成り立ちません。

      ただ、是非このクラウドファンディングで興味をもって頂き、1人でもダンスを知らない人が現場に来てくださることができれば、私はこのチャレンジは成功だと思っています。

      よければ多種多様なダンスの世界があなたを待っています。

      一度現場で生のダンスをご堪能してみてください!!
  • 新着情報

    舞台プロジェクトの魅力①コラム記事掲載
    2022/12/08 17:06:20
    舞台プロジェクトの魅力①コラム記事掲載
    こんにちは!
    踊場cueでは舞台公演団体の魅力を全力で伝えるため、
    団体を知らない人にも少しでも団体の魅力を伝える為、コラム記事を掲載しております。

    こちらは私中の人野村昇平(パンチしょーへー)の妻が各団体の公演に足を運び、内容を書いてくれています。

    妻自身もダンサーであり、ダンサーの気持ちを汲み取りながら広報として頑張ってくれています。
    ぜひそんなコラム記事もご一読ください!!

    ↓コラムリンクは下記より↓
    四畳半帝国のLIVE『四畳半帝国?』vol.1 -what i was yesterday-舞台レポート | 踊場cue
    https://odoriba-cue.jp/column/440/

    1月・2月公演団体”四畳半帝国” 舞台公演日程公開
    2022/12/01 16:06:28
    1月・2月公演団体”四畳半帝国”  舞台公演日程公開
    第一回公演記念すべき初回公演は、四畳半帝国さまです。
    自身でアパレルブランドの立ち上げや各種映像作品では様々な自主作品が入賞を果たすなど、独自の世界観をダンスのフィルターを通じて表現している団体です。

    今回は、とあるシェアハウスを舞台にした群像劇を見せてくれるとのこと。キャストの紹介やコラム記事は公式HPで見ることができます。
    https://odoriba-cue.jp/

    更新もお楽しみに!

    1月・2月公演団体”四畳半帝国” 舞台公演日程公開
    2022/12/01 16:03:14
    1月・2月公演団体”四畳半帝国”  舞台公演日程公開
    第一回公演記念すべき初回公演は、四畳半帝国さまです。
    自身でアパレルブランドの立ち上げや各種映像作品では様々な自主作品が入賞を果たすなど、独自の世界観をダンスのフィルターを通じて表現している団体です。

    今回は、とあるシェアハウスを舞台にした群像劇を見せてくれるとのこと。キャストの紹介やコラム記事は公式HPで見ることができます。
    https://odoriba-cue.jp/

    更新もお楽しみに!

  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

株式会社NEXT ESTATE

株式会社NEXT ESTATE

人が集まる場 人が繋がる場 自分を表現できる場 自分の力が発揮できる場 自分の居場所がある場 私たちは、そんな人それぞれの選択肢のある「場」を提供し、不動産を含めた地域価値向上に努めて参ります。
商品
踊場cue 公演チケット1枚
¥4,500 (税込・送料込)
残り 43
詳細を見る
ご提供予定時期:2023年1月~
踊場cue 公演チケット2枚
¥8,500 (税込・送料込)
残り 24
詳細を見る
ご提供予定時期:2023年1月~
踊場cue 公演チケット1枚 + 公式HPに支援者名掲載
¥25,000 (税込・送料込)
残り 19
詳細を見る
ご提供予定時期:2023年1月~
踊場cue 公演チケット12枚
¥50,000 (税込・送料込)
残り 20
詳細を見る
ご提供予定時期:2023年1月~
踊場cue 公演チケット1枚 + 公式HPに支援者名掲載 + ゲネリハーサル特別招待
¥50,000 (税込・送料込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2023年1月~
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • 踊場cueで開催されるお好きな舞台公演を鑑賞頂けます。 ◆チケット対応◆2023年1月~12月公演まで
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥4,500
    • 残り
      43
    ご提供予定時期:2023年1月~
  • 踊場cueで開催されるお好きな舞台公演を鑑賞頂けます。 ◆チケット対応◆2023年1月~12月公演まで
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥8,500
    • 残り
      24
    ご提供予定時期:2023年1月~
  • ①踊場cueで開催されるお好きな舞台公演を鑑賞頂けます。 ◆チケット対応◆2023年1月~12月公演まで ②公式HPの支援者欄にてご支援者さまの氏名を掲載させて頂きます。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥25,000
    • 残り
      19
    ご提供予定時期:2023年1月~
  • 踊場cueで開催されるお好きな舞台公演を鑑賞頂けます。 ◆チケット対応◆2023年1月~12月公演まで
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      20
    ご提供予定時期:2023年1月~
  • ①踊場cueで開催されるお好きな舞台公演を鑑賞頂けます。 ◆チケット対応◆2023年1月~12月公演まで ②公式HPの支援者欄にてご支援者さまの氏名を掲載させて頂きます。 ③お好きな舞台公演のゲネリハーサルに特別招待 ※リハーサルの妨げになる行為や行動はおやめください。撮影等は一切できません。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2023年1月~

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    株式会社NextEstate

    販売事業者所在地
    〒559-0024
    大阪府大阪市住之江区新北島1丁目2-1

    代表者または運営統括責任者
    野村 昇平

    代表者または運営統括責任者(フリガナ)
    ノムラ ショウヘイ

    連絡先/ホームページ
    https://next-estate.biz/

    連絡先/電子メール
    nomura@next-estate.biz

    連絡先/TEL
    050-5358-9203

    販売価格帯
    ※各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    代金の支払時期および方法
    《決済手段》
    クレジットカード


    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担または解約や退会条件

    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に出品者連絡先に記載のメールアドレスにご連絡いただいた後、
    出品者から連絡のある返送先へ送料出品者負担でご返送下さい。

    上記返品条件に該当しないお客様都合のキャンセルはお受けしておりません。

    《不良品の取扱条件》
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記理由による不良品の場合は、
    商品到着後14日以内に、出品者連絡先に記載のメールアドレスにご連絡いただいた後、
     出品者から新しい商品の発送や返金、不良品の返品の要否などについてお客さま宛にご連絡致します。

     ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
     ・商品が汚れている、または破損している場合